【京都エスカレーター編】エスカレーターは右?左?京都・岡山の旅レポート②

体験記

こんにちは、こねちゃんです。

前回の記事

【京都グルメ編】ランチは京都駅のおばんざいと漬物バーのお店!京都・岡山の旅レポート①

の続編です。

本記事は仕事の都合で相方のぽてちゃんと京都・岡山に行ったのでそのレポートを書いています。

前回の記事は朝の新幹線で東京→京都へ着き、京都駅にあるお漬物とおばんざいのビュッフェが食べられるお店「土井」についてのレポートを中心に書きました。

本記事は京都のエスカレーター事情について気になった点をレポートとしてまとめてみました。

エスカレーターは右?左?

京都駅でランチを食べ終わり、次の目的地へ向かいます。

その際京都に来て初めてのエスカレーター(上り)に乗ろうとしました。

....!!

こねちゃんとぽてちゃんは目を見合わせてビックリ顔。

乗ろうとしたエスカレーターには皆んな右にズラッと並んで乗っていました。

いや、もちろん

関西のエスカレーターは右に乗る

というのは常識として知っていました。

しかし忘れてた頃にいざエスカレーターに乗ろうとしてその光景を目の当たりにした時

本当なんだ!

という感じでした(笑)

しかし、場所によっては左側に並んで乗っているエスカレーターもあったのです!

なぬ!?

と思って、その真実を確かめるべくググってみたら面白い記事が色々と出てきました。

エスカレーターは関東が左、関西が右に乗るは間違いだった!

普段東京で生活しているこねちゃんは、東京ではエスカレーターは当たり前のように左側に乗っています。

エスカレーターの右側を空ける理由は、急いでいる人を通すためですよね。

しかし、最近ではエスカレーターを歩くのは危険なので

右側を空けずに2列に並んでお乗りください

という張り紙やアナウンスがあるところも少なくありません。

実際東京駅のエスカレーターにもその旨の警告が貼られていました。

話が逸れたので戻します。

それでは、関東に住んでいる私たちにとって、関西のエスカレーターは右に立つ!という認識の人が多いのではないかと思います。

実際に名古屋出身の友達も、地元のエスカレーターは右に立つ!と言っていました。

しかし調べてみたところ、ネットでは関西は全て右という訳では無いと書かれた意見が多かったのです。

関西でも地域によっては関東式の左側に立つのが当たり前の地域も存在するそうです。

特に必ず右側に立つという習慣の人が多いのは大阪だけだそうです。

また世界的に見ても、大阪同様エスカレーターは右側に立つ国が多いそうです。

京都も岡山も大部分の人がエスカレーターは左側に立つという認識だそうです。

それでは京都駅で見たあの光景はなんだったのでしょうか...?

おそらく私の見解としては、

  • 京都駅は観光客などたくさんの人が集まることから、関西は右という認識で乗る人が多いため。
  • 右側に立つのが常識である外国人が多いため。
  • 関西でも一部の地域は右側に立つ習慣があるため。

というところでしょうか。

結論

エスカレーターは

  • 右側に立つのは大阪と関西の一部の地域のみ
  • 世界的にも右側に立つ国が多い
  • 京都も神戸も岡山も大多数の人が東京と同様左側に立つ

という結論に至りました。

大阪だけが右側に立つ理由

それは、大阪万博開催の時に世界標準に合わせようとしたことがキッカケだそうです。

その際

エスカレーターは左側を空けましょう

というアナウンスがされたことが始まりと言われているそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世界ではエスカレーターは左側を空けるのが標準なのですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

京都・岡山の旅レポートは次へと続きます。

〜準備中〜

ブログを購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

体験記
konechanをフォローする
こねちゃんブログ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました