【練馬】南インド料理ケララバワン

グルメ

こんにちは、インドカレー大好きこねちゃんです。

インド料理の中でも特に南インド料理が好きです。

え?インド料理に北とか南とかあったの?

というアナタのために、それについても少し解説させていただきたいと思います。

本記事は、練馬にある南インド料理の店ケララバワンさんをご紹介します。

南インド料理?北インド料理?

みなさんは日本にあるインドカレーやさんはには主に北インド料理屋南インド料理屋が存在することはご存知でしょうか。

近年どこへ行っても見かけるようになったインド料理屋ですが、みなさんの住んでいる町でよく見かけるのはおそらく北インド料理屋さんであることが多いと思います。

そしてさらに細かいことを言うと、その北インド料理屋さんを営んでいるのはインド人ではなくて、ネパール人やバングラデシュ人やパキスタン人であることも多いです。
ネパールやパキスタンはインドとお隣同士の国なので、文化や食べ物もとてもよく似ています。

よく見ると、お店にはインドの国旗とネパールの国旗とが両方掲げられていることがしばしばあります。

ネパール人曰く、そのようにして店を営むのは「インド料理」としてお店を出した方が日本人に馴染みがあって宣伝しやすいからだそうです。

それでは、南インド料理と北インド料理に違いとは何なのでしょうか。
ナンなのでしょうか?
ナンつって。

みなさんがおそらくよく行くであろうお店は、北インド料理であることがほとんどだと思います。

北インド料理で代表的なのがバターチキンカレー。

あの濃厚で甘いルーがたまりませんよね。

それ以外にも、ほうれん草ペーストのパラックチキンカレーやキーマカレーなど、彩り豊かでドロドロと濃厚なカレーが多いです。

そして、お馴染みナンをつけて食べるのが一般的ですよね。

ここでまた小ネタを挟むと、本場インドでは日本にあるインド料理屋さんでお馴染みのバターチキンカレーやナンは一般的に食べられていると言うわけでは無いそうです。

どちらかと言うと、そのような手間のかかるカレーはインドでちょっといいレストランや高級ホテルなどで出されるイメージなのだそうです。

インドの家庭だともっと簡単に作れる豆カレーやスープカレーに近いものを作るのが一般的だそうです。

そして、ナンの代わりにローティと言うタンドール(炭焼釜)がなくても作れる潰れたナンのようなものを作るそうです。

話を戻します。

北インドカレーがバターチキンカレーとナンといった私たちに馴染みのあるものに対して、南インドカレーとはどう言うものなんでしょうか。

簡単にわかりやすく説明すると、南インドカレーは野菜や豆を使ったカレーが多く、スープカレーに近いようなものが多いです。

また、北インドとは使っているスパイスも異なります。

そして米が主食で、バスマティライス(インド米)と言う細長いお米が食べられています。

南インド料理屋さんに置かれてるメニューにあるものでよくあるのがミールスという南インドでいう定食の意味。

ちなみに定食を北インドではターリーと言います。

本場のミールスは、バナナの葉をお皿変わりにし、その上にスープ、ライス、炒めもの、複数のスパイス料理を全てのせて食べるスタイル。
日本の食事は、ご飯やおかずを別々に口に運びますが、ミールスは、バナナの葉の上で、ライスとスパイス料理を手で混ぜ合わせて食べます。逆にそれぞれの内容を単品で食べるのは、間違った食べ方になるそうです。

ミールスについてくるサンバルスープは、豆と野菜を煮込んだスープで、南インドでは日本でいう味噌汁のような存在だそうです。

ラッサムは、南インドで日常的に飲まれているスープのひとつ。トマト(野菜)、タマリンド(果物)などを黒胡椒やニンニクで味付けして煮たもので、辛味と酸味が強いのが特徴です。

このサンバルとラッサムとライスはお代わり自由なお店がほとんどです。

和食屋さんでご飯と味噌汁おかわり自由であるのと一緒ですね。

私はこのサンバルとラッサムが大好きで、いつも家で作りたいなと思っているのですが、意外と材料を揃えるのが大変でなかなかやるに至りません(笑)

これだけを食べに行くためだけに南インド料理やさんに行く価値が大いにあるので、食べたい時にはお店に行っちゃいます(笑)

南インド料理ケララバワンについて

ようやくお店の紹介をします(笑)

場所

東京都練馬区豊玉北5-31-4 松村ビル 1F

西武池袋線・都営地下鉄大江戸線 練馬駅西口を左折、千川通り沿いのりそな銀行の交差点で左折。ブックオフの手前左側。徒歩5分。

練馬駅から234m

営業時間

[月~金] 11:00~15:00 17:00~23:00(L.O. 22:30)
[土・日] 11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 無休

店内、外観

現地の方が一生懸命作っています。
スタッフは全員あちらの方。

メニュー

南インド料理屋ならではのミールスやドーサが揃っていて、ワクワクします(笑)

食べたもの

まずはマハラジャビールで乾杯!

インドビールにはキングフィッシャーやタージマハルなどさまざまな種類がありますが、どれもインドビールらしいあっさりした感じと麦っぽさ?があります。

日本のノンアルコールビールの味にちょっと似てるような気がします(笑)

あ、写真撮り忘れましたが、お酒を頼むとだいたいどの店もパパド(豆の粉で作った薄いおせんべい)というおつまみをサービスしてくれます。

そしてぽてちゃんの好きなシークカバブ。

程よい塩気とスパイスが美味しいです。

そしてチーズパコラ。

パニールというインドチーズを揚げた日本の天ぷらのようなものです。

パニールはお豆腐に似たタンパクなかんじです。

ソースはおそらくミントソースです。

その左奥がサンバルスープ。

先程もご紹介したように、サンバルスープは日本の味噌汁のような存在のものです。

色んな野菜が入っていて美味しかったです。

右奥は、チキンスープカレーです。

あっさりしていて、優しい味でした。

チキンレッグが丸々1本入っていて、ナイフで切り分けて食べました。

この二つのカレーをバスマティライス(インド米)でいただきました。

今回はあえてミールス以外のものが食べてみたかったので違うものを注文しましたが、写真にある¥2000超えのメニューもめちゃくちゃ気になりました。

あんなに地元感あるメニューはなかなか見かけないです。

次あったら挑戦してみたいなあ。

業界最安!4000円から利用可能、スマホの結婚相談所 【naco-do】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インド料理は奥深いでしょう?

まだ北インド料理しか食べたことのないアナタ!是非南インド料理やさんに足を運んでみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連ランキング:インド料理 | 練馬駅豊島園駅桜台駅

ブログを購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

グルメ
konechanをフォローする
こねちゃんブログ

コメント

  1. […] […]

  2. […] 写真は【練馬】南インド料理ケララバワンの記事でもご紹介してるインドチーズのパコラです。 […]

  3. […] 【練馬】南インド料理ケララバワン […]

  4. […] 【練馬】南インド料理ケララバワン […]

タイトルとURLをコピーしました