workout

独学筋トレ女子の成長過程とジムでのトレーニングメニューを公開!

スポンサーリンク

こねちゃん
こんにちは、筋トレ大好きこねちゃんです

こねちゃんは約2年前からジムに通い始め、ほぼ独学で筋トレをしてきました。

ジムに通いたてはジムに置いてあるマシンに慣れることから始め、週2くらいでジムに通っていました。

そして今も変わらず週2くらいのペースでジムへ通っています。

ですが、ジムでのトレーニング内容は当初とは全く変わりましたね。

学んで改善して・・・を繰り返してきたつもりです。

そして今もまだ成長過程にあると思っています。

そんな私の現段階での成長過程と、トレーニング内容をご紹介したいと思います!

 

独学筋トレ女子の成長過程

ジムに通いたての頃は、ジムに通ってみたい!という気持ちで入会し、初めのうちは自己流でジムにあるマシンでの筋トレを楽しんでいました。

だんだんとウエイトを増やせるようになったりとそれなりに手応えは感じていましたが、ジムに通い始めて半年くらい経った時に、なんとなく伸び悩みを感じ始めたのです。

こねちゃん
週2でジムに通ってるけど、身体の変化はこんなもんか

と、そう感じていました。

最初はコナミスポーツクラブに通っていましたが、あるときJOYFITにジムを変えました。

ジムを変えた理由は、JOYFITは24時間いつでも通えるという点に魅力を感じたからです。

JOYFITではパーソナルトレーニングを単発で受けることができたので、試しに1度だけ受けてみたんです。

そこで私は衝撃を受けたのです。

こねちゃん
これが筋トレの基礎か・・・

今まで何やってたんだろう

と、早くパーソナルトレーニングを受けていればと後悔したことを今でも覚えています。

その時の体験談はコチラ↓

パーソナルトレーニング体験談と女性にオススメのパーソナルトレーニングジム4選

 

そこで私は、今まで生ぬるいトレーニングをしてたんだと思い知らされました。

たった一度のパーソナルトレーニングを受けてみて学んだことは以下の通りです。

パーソナルトレーニングを受けて学んだこと

  • ジムでやるべきトレーニング
  • 効かせる筋トレ

 

これらを知った瞬間、その日から私の筋トレに対する考え方が変わりました。

一言では語り尽くせないですが、筋トレを行うならば、その目的とそれに合わせたトレーニング方法をしっかりと学ぶことが重要であるということがわかりました。

ですから、例えばダイエッターさんが「痩せたい!」と思い、自宅でYouTuberの真似をして燃焼系エクササイズダイエットをしたり、お腹痩せしたいからと言って腹筋ばかりやるなどといった行為は決して効率が良いとは言えません。

なりたい自分を想像し、それに向けたダイエット計画が必要です。

そのためにパーソナルトレーニングがあるとも言えますが、実は独学でも正しい情報を見極めてしっかりと学べば、理想の自分に近づくことは大いに可能です。

私の #ダイエットロードマップ『1ヶ月で3キロ痩せる方法』筋トレと食事方法を解説 では、私の体験談をもとにジムトレーニングについてまとめています。

 

2021年8月現在の私の筋トレメニュー

私のリアルな筋トレメニューをご紹介したいと思います。

現在のワイ↓

 

現在は、引っ越した関係でエニタイムというジムに通っています。

私のトレーニングメニューは・・・実はいつも適当です。

内容はその日の気分で決めることがほとんどで、

「この前脚と胸やったから、今日は背中と肩やろーっと」とか

「内ももたるんできたから今日はマシンで攻めよう」とかそんな感じ。

とは言え、筋トレ始めた当初の時と比べると、筋トレの基礎については理解しているつもりなので、毎回目的に合わせた適度に効かせるトレーニングを行っています。

適度にというのがポイント。

ガンガン追い込んでも良いんだけど、ゆる〜くやりたいもんだから、自分が楽しめる範囲で行っているのが現状です。

適度にやって、毎回ちゃんと軽く筋肉痛になる程度ですかね。

 

あとはもちろん、パワーラックやスミスマシンの空き状況にもよります。

気にしいなので、ジムに人がいなければいないほど追い込んだトレーニングができるタイプです。

脚と胸やって終わり、と思っていたけれど、周りがみんな帰って貸し切り状態になったのでケーブルマシンもやっちゃおう!みたいな日もあります。

筋トレ後の有酸素運動も気分に合わせてランニングマシンを選んだりエアロバイクを選んだり。

9割方ランニングマシンですが。

それでは具体的なトレーニング内容の例を書き出してみます。

これは私が実際にこの記事を執筆した当日にジムに行って行ったメニューです。

 

今日はいつもよりメニュー数多い方です。

朝9:15 ジム到着

軽く体操・ストレッチ(ほんの3分くらい)

パワーラックにてデッドリフト 40kg10回×4セット

ベンチプレス         30kg10回×3セット

スミスマシンにて
ブルガリアンスクワット    バーのみ左右10回×3セット

カーフレイズ         40キロ30回×3セット

ベンチ台にて
インクラインダンベルフライ  7kg10回×3セット

インクラインダンベルプレス  10kg10回×3セット

ダンベルベンチプレス      10kg10回×3セット

10:30  ランニングマシンにてランニング20分(テレビでノンストップ見ながら)

10:50  ストレッチエリアにてじっくりストレッチ

11:00  シャワールームにて自撮りタイム&全身シャワーを浴びる

11:20  帰宅

 

なんだかんだ今日は2時間近くジムにいました。

いつもの平均は1時間半くらいかな。

1時間でサクッとって日もあります。

 

またとある日のトレーニングメニューはコチラ。

 

<ジム滞在時間1時間半の日>

軽く体操・ストレッチ

スミスマシンにてスクワット 40kg10回×3セット

ワイドスクワット 40kg10回×3セット

アダクション 70kg15回×3セット

アブダクション 70kg15回×3セット

ラッドプルダウン 27kg10回×3セット

シーテッドローイング 27kg10回×3セット

ランニング 15分

ストレッチ 10分

終了

 

いつもこんな感じです。

メニューの組み合わせはその日の気分によって決め、一週間のうちにBIG3を中心に全身バランスよく鍛えられるよう意識しています。

筋トレ好きとしてはトレーニング量は全然足りないと思いますし、ジムがもっと近くにあれば毎日でも通いたいくらいです。

ゆる〜くというのは、自分のライフスタイルに合わせて趣味程度にといったスタンスです。

また、筋トレのやり方については主にネットやYouTubeから学んでいますね。

丁寧にわかりやすく解説している動画がたくさんあるので、それで十分だと思います。

そんな感じで、また1年後くらいの自分がどうなっているのか楽しみに、これからもゆる〜く筋トレを楽しんで続けていきたいと思います。

 

まとめ:筋トレは自分で学んで健康のために趣味程度に楽しむ

私の現在のスタンスは、筋トレは独学で学んで健康のため趣味程度に楽しむという位置づけに落ち着いています。

とはいえ、どんどん筋力アップしていくことが楽しいので、今後もっと自然とパワーアップしていくこと間違いないと思います。

筋トレは食事管理も同時に意識して行うことが大切です。

私は筋トレと食事管理で1ヶ月で体重マイナス3キロ、体脂肪13%まで落とすことができました。

そこで学んだことの全てを綴ったnote記事はこちら↓

『〈痩せ脳〉をインストールしてひと月でマイナス3キロ、体脂肪13%まで落とした方法を大公開!』

 

 

オススメ記事

【ダイエット女子必見】自宅でできる!筋トレ女子が教える痩せるために最も効率の良い3つの筋トレ方法

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

こねちゃん

2019年7月から始めたブログとtwitterで、収益化に繋がる個人ビジネス情報を発信しています。 これからの時代個人ビジネスができるスキルを身につけないと生きていけないと焦り始め、ブログを始め様々な分野で個人ビジネスを展開しています。 【こねちゃん】について アラサー女子 筋トレ大好き HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) 内向型。一人が好き。一人の時間が無いと死ぬ。

-workout

© 2021 こねちゃんブログ Powered by AFFINGER5